PR

【料金プラン比較】楽天モバイルと3大キャリアのサブブランド、格安SIM ポイントを絞って解説

タッチ決済
スポンサーリンク
この記事の要約
  • データ通信をあまり使わない:日本通信SIM、LINEMO
  • データ通信をたくさん使いたい:ahamo、楽天モバイル
  • 自宅の光回線とセットで利用したい:ワイモバイル、UQモバイル

スマートフォンの通信会社を選ぶ際、何を大切にしていますか?

最も多いのが、料金プランではないでしょうか。

近年は多くの新しいプランが次々と登場し、各社の競争が激化していますよね。

スマホの料金プランは、利用者にとって重要な選択ポイント。

筆者は4年以上楽天モバイルを使い続けていますが、さらに固定費を削るため、お得なプランがあれば乗り換えも検討しています。

本記事では、楽天モバイルとahamo、UQモバイル、povo、ワイモバイル、LINEMO、mineo、日本通信SIMの料金プランを比較します。

比較する7社は、楽天モバイルと価格帯やデータ容量で似ている点で選びました。

ポイントを絞って解説するので、各社の要点を知りたい人はぜひ最後までご覧ください。

2024年6月時点のプランで解説しています。

多知ナビオ
多知ナビオ

固定費のスマホ代を削って、家計を改善しよう!

\ 家計改善はFPに無料相談! /

スポンサーリンク

料金プラン比較

各社の主な料金プランの一覧がこちら。

携帯会社プラン名データ容量月額料金
ahamo20GBプラン20GB2,970円
UQモバイルトクトクプラン15GB3,465円
コミコミプラン20GB3,278円
ミニミニプラン4GB1,078円
povoベースプランなし0円
データ追加1GB1GB390円
データ追加 3GB3GB990円
データ追加 20GB20GB2,700円
ワイモバイルシンプル2S4GB2,365円
シンプル2M20GB4,015円
シンプル2L30GB5,115円
LINEMOミニプラン3GB990円
スマホプラン20GB2,728円
楽天モバイルRakuten 最強プラン3GB1,078円
20GB2,178円
無制限3,278円
mineoマイピタ5GB1,518円
マイそく無制限2,200円
日本通信SIMシンプル290プラン1GB290円
みんなのプラン10GB1,390円
30GBプラン30GB2,178円

ahamo

ahamoは、NTTドコモのサブブランドです。

シンプルでわかりやすい料金プランが特徴です。

・月額2,970円:20GBのデータ容量、5分間の国内通話無料

データ使用量が多く、短い通話も利用したい人に適しています。

海外でも追加料金なしで、20GBまでデータ通信が利用できます。

ドコモ回線のため、全国どこでも安定したネット通信が可能です。

「ahamo大盛り」なら、月額+1,980円で100GBまで利用可能

UQモバイル

UQモバイルは、auのサブブランドです。

主要なプランは以下の通り。

  • トクトクプラン:月額3,465円(15GB)
  • コミコミプラン:月額3,278円(20GB)10分間の国内通話無料
  • ミニミニプラン:月額1,078円(4GB)

UQモバイルの魅力は、使わなかったデータ容量を翌月に繰り越せる点です。

繰り越した翌月末まで、無駄なくデータを利用できます。

auの回線を利用しているため、通信品質が比較的高いです。

自宅でauの光回線や電気を利用したり、au PAY カードで支払ったりすると、割り引きがあります

povo

povoもauが提供しています。

基本料金が無料で、必要なサービスを追加する形式のプランです。

  • ベースプラン:月額0円
  • データ追加 1GB(7日間):390円
  • データ追加 3GB(30日間):990円
  • データ追加 20GB(30日間):2,700円

povoの特徴は、柔軟性と自由度の高さです。

自分の利用状況に応じて必要な分だけ支払えるため、自由にプランを選びたい人に適しています。

普段はあまりデータを使わなくても、特定の期間に集中してデータを使う場合などに最適です。

通話オプションは、5分以内かけ放題月額550円、24時間かけ放題月額1,650円のいずれかを選べます。

ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドです。

主要なプランは以下の通り。

  • シンプル2S:月額2,365円(4GB)
  • シンプル2M:月額4,015円(20GB)
  • シンプル2L:月額5,115円(30GB)

ワイモバイルは、自宅の光回線とPayPayカード払いのセットでさらに割り引きがあります。

最安で、月額1,078円(4GB)から利用可能。

多知ナビオ
多知ナビオ

UQモバイルと割り引きと似ているね。

ソフトバンクの回線を利用しているため、通信品質が高く、安定した接続が期待できます。

LINEMO

LINEMOは、ソフトバンクが提供するオンライン専用ブランドです。

  • ミニプラン:月額990円(3GB)
  • スマホプラン:月額2,728円(20GB)

LINEのトーク、音声通話、ビデオ電話をデータ消費ゼロで使えるのが最大の魅力。

基本プランのデータ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、LINEの通信速度は落ちません。

オンライン専用ブランドなので、全ての手続きをオンラインで完結できるのも便利です。

ソフトバンクの回線を利用しているため、同等の通信品質を保てます。

楽天モバイル

楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」は、料金がデータ使用量に応じて変わるのが特徴です。

  • 3GBまで:月額1,078円
  • 20GBまで:月額2,178円
  • 無制限:月額3,278円

無制限にデータを使いたい人には非常に魅力的。

家族割の適用で各100円引きですが、それ以外に割り引きがないため、シンプルでわかりやすいです。

独自の通信インフラを持つため、特に都市部では高速で安定したネット利用が期待できます。

mineo

mineoは、関西電力グループが提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

端末はそのままに、SIMカードを差し替えるだけで料金が安くなります。

プランの一例は以下の通りです。

  • マイピタ:月額1,518円(5GB)
  • マイそく:月額2,200円(無制限)

マイピタは、データ容量に応じて月額1,298〜2,178円から選べます。

マイそくは、速度に応じて変額し、最安は月額250円(最大32kbps)です。

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を利用でき、住まいや職場環境に合わせて選べます。

日本通信SIM

日本通信SIMは、MVNOの先駆者として、シンプルで低価格な料金プランを提供しています。

  • シンプル290プラン:月額290円(1GB)
  • みんなのプラン:月額1,390円(10GB)
  • 30GBプラン:月額2,178円(30GB)

データ使用量が少ない人にとって非常に魅力的です。

音声通話も安価で、みんなのプラン、30GBプランなら、月70分無料か1回5分まで無料のいずれかを選べます。

docomoの回線を利用するため、一定の通信品質が保てます。

各社の強みと弱み

各社の強みと弱みは下記のとおり。

携帯会社強み弱み
ahamoシンプルなワンプラン、ドコモの広範なサービスエリアデータ容量が少なくて良い場合には向かない
UQモバイルデータ繰り越し可能、auの高品質回線基本料金がやや高め
povo基本料金が無料、必要な分だけ追加する柔軟性頻繁にデータ追加が必要
ワイモバイルセット割引が豊富、ソフトバンクの高品質回線基本料金がやや高め
LINEMOLINEのデータ通信がカウントフリー、オンライン手続きが便利サポートがオンライン中心
楽天モバイル大容量データを低価格で利用可能、楽天ポイントが貯まるサービスエリアが限られている
mineoドコモ、au、ソフトバンクから回線を選べる高速データ通信を多用するユーザーには向かない
日本通信SIM低価格で基本的な通信品質が維持、音声通話も安価で提供高速データ通信を多用するユーザーには向かない

まとめ

各社の料金プランを比較すると、自分の利用状況に応じた最適なプランが見えてきます。

  • データ通信をあまり使わない:日本通信SIM、LINEMO
  • データ通信をたくさん使いたい:ahamo、楽天モバイル
  • 自宅の光回線とセットで利用したい:ワイモバイル、UQモバイル

どのプランが自分にとって最適かは、データ使用量、通話の頻度、エリアの通信品質などを総合的に考えるのが重要です。

適切なプランを選べば、通信費を節約しつつ快適なネットライフを楽しめますよ。

みなさんのスタイルに合わせて、最適な料金プランを見つけ、お得にスマホを利用しましょう。

楽天カード会員なら楽天モバイル
✅アプリ利用で国内通話無料
→家族や恋人といくらでも話せる
✅楽天市場でポイント6倍
→日用品は全て楽天市場で
✅モバイルWi-Fiが7,980円→1円
→外出先でもネットが使える

\ 乗り換えで、6,000ポイントもらえる! /
タイトルとURLをコピーしました