PR

QUICpayとタッチ決済の違いを解説。どっちが速い?ポイント還元は?

タッチ決済
スポンサーリンク

この記事の要約
  • QUICpayの方が決済が速い
  • 楽天ポイントの付与率は同じ
  • 一つのスマホで併用可能

「かざすだけで払える電子マネーとクレカのタッチ決済って、何が違うの?」

キャッシュレス決済に慣れてきた人の中には、このような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

この記事では、電子マネー「QUICpay(クイックペイ)」とクレジットカードのタッチ決済「楽天カードタッチ決済」の違いを解説します。

事前チャージが不要、支払いはかざすだけと、共通点が多い二つ。

それぞれの特徴を理解して、自分の生活に合うものを使ってください。

多知ナビオ
多知ナビオ

筆者も二つを使い分けてるよ!

「タッチ決済」は、Android端末での楽天カードタッチ決済を前提として解説します。
QUICpayは、Google Payでの利用を想定しています。
他のクレカタッチ決済や電子マネー「iD」でも参考になるので、ぜひ最後まで読んでください。

\ 最短5分で入力完了、30分で取引開始! /

スポンサーリンク

違う点

規格が違う

タッチ決済とQUICPayは、いずれもNFC(Near Field Communication「近距離無線通信」)の技術を利用しています。

しかし、それぞれ通信規格が異なります。

この後に述べる両者の違いは、この規格の違いによるものが多いです。

多知ナビオ
多知ナビオ

背景の知識としてさらっと覚えておけばOKだよ!

タッチ決済はNFC

タッチ決済は、NFC(Type A/B)という規格です。

海外の企業が開発した規格で、世界中で使われています。

国内での使用例は下記のとおり。

TypeATypeB
taspo(タスポ)パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなど

QUICPayはFeliCa

FeliCa(フェリカ)は、ソニーが開発したNFCの規格です。

処理速度が非常に早く、日本国内で広く普及しています。

「Suica」「PASMO」などの交通系電子マネーや、「楽天Edy」「nanaco」「iD」などに採用されています。

決済スピード

日々使っている感覚では、QUICPayの方が読み取りが速いです。

採用している規格「FeliCa」は、処理速度が最速0.1秒とうたっています

同じ「FeliCa」を採用しているSuicaで改札を通る速さに近いです。

読み取り端末の性能によって異なりますが、タッチ決済よりQUICPayの方が速いと覚えておいて良いでしょう。

国内と海外

タッチ決済は、NFC(Type A/B)を採用しているため世界中で使えます。

対象のお店がVisaかMastercardを取り扱っていれば、どの国でもOK。

QUICpayは日本で普及しているFeliCa規格のため、国内とアジアの一部でしか使えません。

▲目次へ戻る

同じ点

楽天ポイントの還元率

ポイント還元率はどちらも1.0%。

100円につき1ポイント付与されます。

QUICpayに独自のポイントはなく、ひも付けたカードのポイントが貯まります。

後払い式の決済

事前チャージはどちらも不要です。

QUICpayでの支払い履歴はカード利用明細に載ります。

指定日にカードの他の利用額と一緒に引き落とされます。

決済方法

レジの読み取り端末にスマホをかざすだけで決済完了です。

QUICpayは「クイックペイで」。

タッチ決済は「カードで」。

これで大体伝わります。

セルフレジは、QUICpayは「電子マネー」扱い、タッチ決済は「クレジットカード」に分類されることが多いです。

▲目次へ戻る

»【永年無料】楽天カードを今すぐ発行して、5,000ポイントをもらう

一つのスマホでどちらも使える

タッチ決済とQUICpayは、一つのスマホで併用できます。

Googleウォレットに楽天カードを登録すると、端末のFeliCa機能を通じてQUICpayとして利用できます。

タッチ決済は、楽天ペイアプリから設定すると、NFC機能を通じて利用できます。

▲目次へ戻る

まとめ。今後どうなる

最後に、この記事のまとめです。

  • QUICpayの方が決済が速い
  • 楽天ポイントの付与率は同じ
  • 一つのスマホで併用可能

キャッシュレス生活を送っていると、タッチ決済ができるお店が大分増えたなと感じます。

最近では鉄道でも利用できるように

インバウンド向けに、国際規格のタッチ決済を使えるようにする企業は、今後も増えると予想できます。

一方で、まだQUICpayしか使えないお店もあります。

タッチ決済をメインに、QUICpay、楽天ペイ、物理カードをそろえれば、限りなく現金を使う機会は減らせるでしょう。

楽天カードがあれば、Google PayでもApple Payでも、QUICpayをスマホで使えます。

タッチ決済、電子マネー、コード決済、請求書払い。

全ての環境を整えるベースとなるのが、楽天カードです。

発行、年会費は永年無料。

まだ持っていない人は、まずは発行しましょう!

\ もれなく 5,000ポイントもらえる! /
楽天カード
発行枚数3,000万枚
年会費永年無料
ポイント還元率通常1.0%
ブランドVisaMastercardJCBAmerican Express
キャッシュレス楽天ペイ、楽天Edy、Apple Pay、Google Pay
利用可能額最高100万円
付帯機能ETCカード、家族カード、カード盗難保険、海外旅行保険(最大2,000万円、条件あり)
スポンサーリンク

そもそも楽天カードタッチ決済とは?
»iPhoneは使えない!? 楽天カードタッチ決済のメリット、注意点を解説

初期設定は迷わず簡単に
»設定できない!? 楽天カードスマホタッチ決済の初期設定、決済の方法を画像で解説

楽天カードと三井住友カード、どっちがいい?
»楽天カード、三井住友カードの2枚持ちはあり!? 実際に使ってみて、比較を徹底解説

三井住友カードで最大7.0%のポイント還元を受けるならGoogleペイで
»【不便】楽天カードタッチとGoogleペイは一緒に使えない!? 注意点を解説

楽天カードを不正利用された時に読む記事
»【クレカ不正利用】楽天カードを不正利用された時の対応を返金まで全て解説

楽天カードで公共料金を支払っている人は読んで!
»【注意】楽天カードで公共料金を支払うのはNG!楽天ペイの請求書払いで。還元率とデメリットも解説

タイトルとURLをコピーしました